DMMモバイルは低速通信でもバースト機能で安心して使える!

DMMモバイルは低速通信でもバースト機能で安心して使える!

 

DMMモバイルのバースト機能という機能はご存知でしょうか?

 

バースト機能によって、DMMモバイルは200kbpsの低速通信でも快適にインターネットに接続することができます。

 

 

 

 

 

そんなDMMモバイルのバースト機能について、ご紹介したいと思います。

 

[目次]

  1. バースト機能で低速通信も快適!
  2. 高速通信OFF設定で低速通信を使える
  3. 低速通信時のデータ通信制限に注意!
  4. まとめ

 

 

 

バースト機能で低速通信も快適!

 

バースト機能とは、200kbpsの低速通信時でも最初の一定量のデータだけ高速通信で読み込みを行ってくれる機能です。

 

200kbpsの低速通信はデータ通信速度が遅いです。

 

 

 

しかし、バースト機能があれば低速通信でもインターネットを快適に利用することができます。

 

 

 

 

 

申し込みなどは不要で、低速データ通信を行っているときに、自動でバースト機能が働きます。

 

 

 

バースト機能はこんな場合に便利

ホームページをすぐに表示できる

低速通信だと、データの少ないテキスト中心のホームページであれば、バースト機能によってすぐに表示ができます。

 

 

ライトプランが使いやすくなる

ライトプランではデータチャージをしない限りは200kbpsの低速通信しか使えません。

 

しかし、バースト機能があればライトプランも使い勝手はかなり良くなります。

 

 

高速データ通信容量が無くなりそうなときに

「動画を見てデータ通信容量が無くなった」
こんな時にはバースト機能が役に立ちます。

 

契約しているデータ通信容量を使い切ってしまった場合、次月にならないとデータチャージをしない限り200kbpsの低速通信のままです。

 

バースト機能があれば、200kbpsの低速通信でも使い続けることができます。

 

 

 

高速通信OFF設定で低速通信を使える

 

 

 

高速通信OFF設定にすれば、低速通信になります。

 

高速データ通信容量を節約するときには便利です。

 

マイページやDMM mobileアプリを使えば、高速通信OFF設定に変更できます。

 

 

低速通信時のデータ通信制限に注意!

 

気を付けたいのは、低速通信時のデータ通信制限。

 

前日までの3日間で366MBの低速データ通信を行った場合、制限がかかります。

 

この制限は高速データ通信にはありません。

 

低速データ通信にのみ制限があるので、ご注意を。

 

 

 

まとめ

 

 

 

DMMモバイルではバースト機能によって、200kbpsの低速データ通信も使いやすくなっています。

 

ライトプランなどは、200kbpsでのデータ通信が基本になるので、バースト機能はとてもありがたい機能です。

 

高速データ通信ほど快適ではないですが、かなり快適になります。