DMMモバイルの直近3日間のデータ通信速度制限に気を付けよう!

DMMモバイルの直近3日間のデータ通信速度制限に気を付けよう!

 

 

 

DMMモバイルは豊富なプランと業界最安値クラスの価格帯で、豊富なサービスやオプションを提供してくれている格安スマホです。

 

データ通信速度も安定して速く、使いやすい格安スマホであることは間違いないです。

 

 

ただ、1つだけ気をつけたいのは、
「低速データ通信を、当日を含まない直近3日間で366MB使うとデータ通信速度の制限がされる」
というところです。

 

 

高速データ通信によるデータ通信速度制限ではないので、ほとんどの人は関係ないかもしれませんが、ライトプランを契約する方などは特に注意が必要です。

 

 

この低速データ通信の3日間制限について、詳しく見ていきましょう。

 

 

[目次]

  1. 3日間の制限は低速データ通信にのみかかる
  2. DMMモバイルの速度制限はかなり緩い制限
  3. ライトプランや契約したデータ通信容量を使い切ったときに気をつけよう

 

 

 

3日間の制限は低速データ通信にのみかかる

 

高速データ通信での制限は、基本的に契約したデータ通信容量を使い切ったときに200kpbsの低速データ通信になるという制限のみです。

 

しかし、低速データ通信では200kbpsよりも更に通信速度が遅くなる制限が設けられています。

 

その制限は、3日間で使ったデータ通信量が366MBを越えた場合に発生します。

 

3日間のデータ通信速度制限の具体的な条件

 

3日間のデータ通信速度制限がかかる具体的な条件は、下記のとおりです。

 

  • 当日を含めない直近3日間で366MBの低速データ通信を行った場合
  • 低速データ通信は下記のいずれかの状態
    • 高速データ通信残量が0MBの時(ライトプランはデータチャージしない限り0MB)
    • 高速データ通信OFFの設定時

 

3日間のデータ通信速度制限が発生するとどうなる?

 

速度制限が発生した場合、200kbpsよりも遅くなります。

 

ただし、「通信速度を終日制限する場合がある」とDMMモバイルで回答がされており、366MBを超えていても制限されない場合もあるようです。

 

制限される場合、どの程度遅くなるかは混雑具合によって変わるようで、明確なデータ通信速度はわかりません。

 

 

 

DMMモバイルの速度制限はかなり緩い制限

 

格安スマホでは直近3日間の速度制限を設定しているところが多いですが、DMMモバイルはかなり緩い制限です。

 

なぜなら、高速データ通信には3日間の速度制限がないからです。

 

ほかの格安スマホを見ると、高速データ通信を直近3日間で○MB以上使った場合というような制限を設定しているところも少なくありません。

 

DMMモバイルは低速データ通信のみに3日間制限があるだけなので、かなり良心的だと思います。

 

 

 

ライトプランや契約したデータ通信容量を使い切ったときに気をつけよう

 

3日間の速度制限は、ライトプランを契約している人や契約している高速データ通信容量を使い切ってしまった人くらいにしか関係ありません。

 

低速データ通信での通信になってしまっている場合は、3日間の制限にひっかからないように気をつけましょう。

 

 

<関連記事>

DMMモバイルの最安プラン「ライトプラン」はどんなことができる?