DMMモバイルを解約するには!解約方法と違約金と注意事項

DMMモバイルを解約するには!解約方法と違約金と注意事項

 

DMMモバイルを契約するのであれば、解約方法も同時に知っておきたいところです。

 

DMMモバイルを解約する方法と違約金、あとは注意しなければいけないなどについて調べてみました。

 

 

DMMモバイルの解約方法

 

DMMモバイル解約申し込みページから、解約ができます。

 

解約ページを開くと、以下のような画面が表示されます。

 

 

解約ページから解約をした場合、解約日は「解約申込月の末日」となるので、月末まではそのまま利用できます。

 

なお、解約後にSIMカードを下記送付先に返却をしなければいけません。
送料は契約者負担になります。

 

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内
DMMモバイル窓口

 

 

実はSIMカードはドコモの所有物です。
ドコモを解約した時は、ドコモがSIMカードの所有権を放棄するのでSIMカードの返却は求められないことが多いです。

 

しかし、DMMモバイルはドコモからSIMカードを借りているため、DMMモバイルはドコモへ返却をする姿勢を見せなければいけません。

 

そのため、解約時にSIMカードの返却が求められています。

 

 

DMMモバイルの違約金の発生条件と金額

 

データSIMの場合、違約金は発生しません。

 

音声通話SIMでは、契約翌月から12ヶ月後の月末日までの間に解約をした場合、9,000円(税抜き)の解約手数料が発生します。

 

例:2015年1月に利用を開始した場合、2016年1月末までに解約をした場合、解約手数料が発生します。

 

※端末分割支払い残金が残っている場合は、残金の支払いも行わなければいけません。

 

 

DMMモバイルを解約をしたあとに請求が来ることもある!?

 

追加チャージ料金やSIMカード発行手数料などは翌月払いです。
通話料・SMS送信料は翌々月払いとなります。

 

解約から時間差で請求が来るため、解約後に上記料金の請求がくることもあります。

 

 

<関連記事>

ドコモからDMMモバイルへMNP乗り換えするときは違約金に気を付けよう